FX取引の魅力

FX取引の魅力はレバレッジの高さであるといえます。現状ではレバレッジは規制をされているので国内の業者を利用すれば25倍のレバレッジになっていますが、逆に言えば国内の規制がかからない海外の業者ではまだまだ25倍以上のレバレッジをかけることのできる業者も多数存在しています。

もちろん、高いレバレッジは当たった時のリターンも大きいですが、それと同時に高いリスクを取らなければなりません。それでも、レバレッジがあまりに低くなればFX取引の魅力がなくなるのも確かなのです。

 

外国為替市場における通貨の相関関係

 キャンペーン満載のSmartOptionFX取引では、世界の国や地域から発行されている通貨を銘柄にして取引きが行われていますが、これらの通貨にはそれぞれに個性ともいわれる特徴があり、またそれぞれに関連性があるのです。

通貨の流通量から考えると、アメリカの米ドル、ユーロ地域のユーロ、イギリスの英ポンド、そして日本の円が主要な通貨と言えます。
これらの主要通貨の中でも、アメリカの米ドルは基軸通貨と呼ばれており、世界の通貨価値の基準となる通貨となっています。
実際に、米ドルは通貨の流通量のほぼ半分を占めており、外国為替市場における為替の交換は、おおよそこの米ドルに対して行われていると言っても過言ではないでしょう。

しかしながら、米ドルが基軸通貨であったとしても、為替相場に対していつも有利な強い通貨であるという訳ではありません。
あくまでもその価値は、二つの異なる通貨を一組にして行われる通貨取引の為替相場によって決定されますので、その相関関係によって価値が変わってくるのです。

例えば、経済指標の発表などでアメリカの経済状況が悪いと判断された場合、米ドルの価値は下がることになるため、円と米ドルとの間では米ドル安円高の方向で為替レートが動くことになります。
しかし、もしこの状況下で、日本の政府高官の発表で「円高を懸念して、何らかの政治的対策を行う」というような発言があった場合には、米ドルの価値よりもさらに日本の円の価値が下がり、米ドル高円安という構図になる場合もあるのです。

また、先ほどの米ドル安円高の状況になっていたとしても、ユーロと米ドルの間では、ユーロ安米ドル高、という形になっている場合もあるために、FXを行う際には様々な通貨ペアの為替相場を総合的に判断する必要があります。

しかしながら、FX取引を初めて行う初心者の場合には、為替相場をまんべんなく見ることは難しいと思います。
こうした場合は、まずは流通量も取引量も大きい米ドルと、日本で馴染みの深い円の通貨ペアを選択しておくことをお勧めします。

米ドルも円も比較的に為替レートの値動きが安定しており、それぞれの国の経済情報などが入手しやすく、為替レートの変動などを捉えやすい状況になっていため、投資取引の初心者には扱いやすい通貨ペアとなっているからです。

まずは、こうした限定した通貨ペアで取引きを行っていきながら、為替レートの変動を分析したり、外国為替市場の流れを読んだりして、投資取引を学んでいくことにより、自身の資産を増やしていくことができるようになるのです。


 

 

All Rights Reserved at JapanBinaryOption.com